境界の彼方

发布于 2020-10-31  949 次阅读


『孤独が頰を濡らす 濡らすけど

夜明けの気配が静かに満ちて

私を空へ招くよ

希望が彼方で待ってる そうだよ行くよ

迷いながらも君を探す旅

すれ違う意識 手が触れたよね

捕まえるよしっかり

求め合う心 それは夢の証』

尽管孤独已经浸润了我的脸庞

黎明的气息悄然降临

那是前往天空的邀请函

希望就在那彼方,我愿立刻前往

迷茫当中,在每次寻觅你之时

指尖相触,意识交织

我愿紧紧抓住你的双手

彼此渴求的心灵,正是梦想的证明


粉色的花瓣,美丽地缠绕在身上。依在风里。