粉色的花瓣,美丽地缠绕在身上。依在风里。

  • 記事

    境界の彼方

    『孤独が頰を濡らす 濡らすけど 夜明けの気配が静かに満ちて 私を空へ招くよ 希望が彼方で待ってる そうだよ行くよ 迷いながらも君を …

    一人じゃない

    『思い出が、悲しいことだったとしても、 信じて進んでいくんだ。 寂しさを知ってしまって、 挫けそうになっても、 あなたのおかげで、 …

    Style

    Font